DQ8の細かい仕様まとめ (RTA向け)

DQ8

概要

ゲーム中では分からないような、
PS2版ドラゴンクエスト8特有の(他ドラクエに無い)細かい仕様をまとめました。

筆者がドラクエ8バグ有RTAをプレイしている為、RTAに役立ちそうなものをまとめています。
※RTA=Real Time Attack。早くクリアする事を競う遊び

仕様の内容ですが、全て先人が調査してくださった情報となります。その為、情報元も併記します。

細かい仕様一覧

パーティ並び順と被攻撃率

敵の「通常攻撃」について、

左がパーティ先頭として、
  2人パーティ:50% 50%
  3人パーティ:40% 40% 20%
  4人パーティ:35% 35% 20% 10%
です。すなわち、前列2人は常に被攻撃率が同じです。
情報元→http://web.archive.org/web/20160909081326/http://kumicyou.sakura.ne.jp/dq8/itm/row.html

呪文・特技は影響を受けません。

「痛恨の一撃」は影響を受けるかどうか、は情報が見つからず、私には分かりませんでした。

雑魚敵のHPぶれ

  • 雑魚敵のHPは、データ上の数値から100%~80%の間でランダムにぶれます
    • ボスは100%で固定です
    • オープニングのスライム3体のHPも固定です。
      左7,中央7,右6

人づてに聞いた情報なので、情報元ページはございません。

ただ、体感的にもぶれているのは明らかです。
例えば、HP100「よるのていおう」に、90ダメージしか与えていないのに倒せる事があります。

トヘロス・せいすい

  • トヘロスと聖水は同じ効果
  • 地域ごとに逃亡可能確実Lvが設定されています
    • 主人公Lv逃亡可能確実Lv以上なら、トヘロス・聖水でエンカウント無し
    • 主人公Lv逃亡可能確実Lvマイナス5以上なら、トヘロス・聖水でエンカウント低減
    • 主人公Lv逃亡可能確実Lvマイナス6以下なら、トヘロス・聖水は無意味
      ※ゲーム中では「敵の気配が消えた」などと表示されますが、ちゃんと無意味です

情報元 → ドラゴンクエスト8 逃亡可能確実Lv調査結果

しのびばしり

エンカウント率を約1/3に下げます。トヘロスと異なり、レベルに依存しません。

情報元 → 【しのびばしり】-ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 wiki

※仕様的には「エンカウントする時、そのエンカウントを確率2/3で消す効果」と聞いた事がありますが、うろ覚えです。

逃げ成功率

  1回目 62.5%
  2回目 62.5%
  3回目 75%
  4回目 100%

です。
ただし、トヘロス・聖水でエンカウント無しにできるLv・地域は、逃げ率100%になります。
情報元は見つからず。人づてです。

メタル系の出現率

以下に全ての情報が掲載されています。
https://ch.nicovideo.jp/ochakirin/blomaga/ar1903860

Lvアップ時のステータス成長値

  • Lv毎に固定です。値がランダムにぶれるドラクエ作品もありますが、ドラクエ8は固定です

素早さ(=先制率)

  • そのキャラが他キャラ(敵、味方にかかわらず)に先制する確率は、2キャラ間の素早さの差で決まります。
  • 差については以下
    • 差が2倍以上高い → 先制率100%
    • 差が0 → 先制率50%
    • 差が2倍以上低い → 先制率0%

情報元 → ドラクエ8先制確率計算機

状態変化の持続ターン数

画像をそのまま引用します。

引用元 → 状態変化-ドラゴンクエスト8完全攻略(3DS版対応)

大半のボスは1ターン2回行動ですので、7-10ターンで解ける効果は、
実質4-5ターンで解けます。

RTA的に影響があるのは、守備力変化(かぶとわり、ルカニ)でしょう。
「かぶとわり」が中々効かない場合、次のターンで守備力変化が切れるかどうか、意識する必要があります。

キャラ固有耐性

  • 主人公
    • 「からみつくいばら」と呪いによる1ターン休みが無効
    • デイン系、ラリホー系、メダパニ系に僅かに耐性上乗せ、踊り封じ系に強耐性
  • ヤンガス
    • メラ系、炎系、マホトーン、マホトラ系、毒系に僅かに耐性上乗せ
  • ゼシカ
    • 「ぱふぱふ」による1ターン休みが無効、バギ系、岩石系、強打系に僅かに耐性上乗せ
  • ククール
    • ヒャド系、冷気系、ザキ系、麻痺系、マヌーサ系、メダパニ系、マホトラ系に僅かに耐性上乗せ、踊り封じ系に強耐性

攻撃系の耐性の情報元http://web.archive.org/web/20160909032748/http://kumicyou.sakura.ne.jp/dq8/battle/dmg_in.html

状態異常系の耐性の情報元
【耐性】-ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki
※同ページ内には「【ニフラム系】【ルカニ系】【マホトラ系】を除く確率系の属性に対しては、一様に強耐性(○)を持っているのが標準である」とのこと。

また、以下のような情報もありましたので、一応載せます。
状態変化が効く確率-ドラゴンクエスト8完全攻略(3DS版対応)

装備品の耐性

例えば、「メタルキングよろい」はゲーム中「呪文ダメージを2/3に軽減する」と表記されます。
が、この情報は正確ではありません。

正確には

メラ系・ギラ系・イオ系・バギ系・ヒャド系の呪文および特技ダメージを2/3に軽減する

です。呪文だけでなく特技も軽減します。
※2/3という値も、ほぼ近い値ではありますが、厳密には171/256です

よって「メタルキングよろい」は、
呪文でも「ライデイン」「ギガデイン」(=デイン系)等は軽減しませんし、
特技でも「かまいたち」「グランドクロス」(=バギ系)等は軽減します。

ほかの装備でも、ゲーム中の表記と実際の耐性が異なるものは多いです。
どの装備がどの耐性を持っているのか? の正確な情報は、以下引用します。

引用元→http://web.archive.org/web/20160909081321/http://kumicyou.sakura.ne.jp/dq8/itm/res.html

敵の1グループ中、1ターン1回しか使用しない制限行動

例えば、「はぐれメタル」のギラが該当します。
はぐれメタル×7匹の1グループが出現した時、どれか1匹がギラを使うと、
同じグループの他はぐれメタル6匹はギラを使いません。

※ギラならどの敵が使っても該当する、という訳でもないです

どの敵のどの行動が該当するのか? は以下
チラ裏DQ8-モンスターの行動確率

敵のAI

敵のAIは「頭悪い」「頭普通」「頭良い」の三段階あります。
各々の詳細は後で引用しますが、RTA的に関係ありそうな仕様は、

  • ドルマゲス、ラプソーン(頭悪い)
    • こちらに補助呪文がかかっていようとなかろうと、「いてつくはどう」する可能性があります(波動の無駄打ち、みたいな)
  • キャプテン・クロウ(頭普通)
    • ハイテンション(HT)状態からターン開始(=クロウの行動開始、ではない)する場合、無駄に「ため」を2回行う可能性があります
    • スーパーハイテンション(SHT)状態からターン開始する場合、絶対に「ため」をしません。「ため」以外の行動をします
      • 上記2つの仕様は、ククールが同ターンに先制「皮肉な笑い」でテンション下げても同様です
  • レティス(頭良い)
    • こちらが補助呪文をかけた瞬間、速攻で「いてつくはどう」する可能性があります
    • こちらが補助呪文をかけない限り、絶対に「いてつくはどう」しません
    • すなわち、レティス戦で「ピオリム」をかける事は、「いてつくはどう」を誘発させてレティスの攻撃回数を減らす事にもつながります

ベルザブル(頭普通)

※解析情報ではないようですが、有志の検証結果をまま載せます

MPが足りない時も呪文を1度だけ使う。
同一ターン内で、メガザルを合計2回まで使う。

情報元

「頭悪い」「頭普通」「頭良い」の詳細、ベルザブルの行動内容に関する情報元
http://web.archive.org/web/20160909063827/http://kumicyou.sakura.ne.jp/dq8/mons/bos_int_tab.html

どのモンスターが「頭悪い」「頭普通」「頭良い」に分類されるのか? 
の情報元 → チラ裏DQ8-モンスターの行動確率

敵のグループ数の上限と仲間呼び

※情報元が見つからなかった上に、私自身の記憶もあやふやな情報です。
 でもすみませんが、書き留めておきます。

  • 1戦闘につき、3グループが上限
    • 例:はぐれメタル1匹、ゲロンガー1匹、ブラッドハンド2匹、の3グループ編成。
      ブラッドハンドはこの状態から「仲間呼び」を使うと、「ブラッドハンド」しか呼べず、その「ブラッドハンド」は「ブラッドハンド2匹」のグループに入ります。
      「ごくらくちょう」「だいまじん」を呼ぼうとしても4グループ目になるからです。

      ※ただ、この状態は「はぐれメタル」の逃げも普通にあります。すると、2グループ編成に減るので、「ブラッドハンド」は何でも呼べます。
    • 例外は、バル・ブル・ベル・ボル系統。これらのみ、4グループ編成です。

「かしこさ」による呪文ダメージの上昇数

ドラクエ8は、キャラの「かしこさ」の値が上昇すると、呪文ダメージが上昇する仕様です。
ただ、一律に上昇する訳ではなく、「かしこさ」が一定の値を超えるまでは上昇しません。
また上昇量も、呪文毎に異なります。具体的には、以下に引用します。

引用元 → ドラクエ8 調査報告書(Webアーカイブ)-与えるダメージ

情報量が膨大ですが、RTA的には、深く意識せずともよいです。
「賢さによって呪文ダメージが変わる」とだけ覚えればよいです。

具体的な敵へのダメージ量は覚えると得です。
ドラクエ8通常RTAなら「ドルマゲス第一形態」、
ドラクエ8バグ有RTAならはぐれメタル狩りの「夜の帝王」「ゲロンガー」「ブラッドハンド」「ごくらくちょう」でしょうか。

エレメント系・ゾンビ系の攻撃軽減

以下に画像を引用します。

引用元 → ドラクエ8 調査報告書(Webアーカイブ)-与えるダメージ

情報元ページ一覧